心理的安全性の本質

2021年9月22日 in ALL, BUSINESS, COLUMN - No Comments

心理的安全性。
 
Googleの「プロジェクト・アリストテレス」の結果から、その認知度が一気に高まった言葉です。

しかし誤解の多い言葉でもあります。

職場における心理的安全性とは、決して「和気あいあいとした、居心地の良い関係性」のことではありません。

「成果へのコミットがあり、そのためのリスクある発言や行動が取れる」といった状態を指すものです。

下表は石井遼介さんによる区分でとてもイメージしやすいですね。

多くの企業様に関わる中で、この心理的安全性がエンゲージメントに強く影響している組織が複数あります。 

会議でリーダー層が押し黙っていたり、現場のミスが上がって来なかったり、アイデアを出す場面でさえも遠慮が働いていたり、陰口が横行していたり。。

では、どうやって心理的安全性を上げていくのか。
 
それには次の両面からのアプローチが必要です。
 
1つは、受けて側。
多様な意見や行動を受容する、受け取る力を育てていくこと。
特に上層部、管理職の力が問われます。

もう一つは、発信側。
リスクを取ってでも発言・行動しようとするトレーニングが必要です。
こちらはどちらかというと、管理職以下の訓練になります。


このどちらか一方が欠けても心理的安全性は高まりません。

先日、ある保育所の先生から相談を受けました。
 
女性ばかりの職場の中で、主任の先生に気を遣って、上も下も本来の動きができていない状況になっているとのこと。

一見すると、 その先生が変わればこの組織は良くなりそうですが、本質はそうではありません。主任の先生の横行を許しているトップと、声を上げることができないメンバーにもその責任があります。

本当に心理的安全性を作ろうとすると、組織全体の関係性を見直す必要が出てきます。
それは多くの場合、一時的な混乱を招きますが、現在生じている弊害を考えると実行する価値はあります。

そして、組織の組織が変わる時はトップから変わっていきます。
保育園の場合だと、園長もしくは理事。
その意識と関わりが変わることで下はおのずと変わってきます

私も日々、「他人は変えようと思って変わるものではない」と言うことを肝に銘じて動いています。
人が変わるとしたら、それは私の在り方と関わりが変わった影響でしかないのですよね。

kazuko

All posts

No Comments

Leave a Reply

company

company


当社が実現したい世界。それは「一人ひとりが 生まれ持った資質を最大限に活かし いきいきと働いている社会」です。”エンゲージメント”の向上を通じて組織と個人の力を最大限に引き出し、地域経済と人生の豊かさの両立に寄与していきたいと考えています。

Subscribe & Follow

Twitter

#

×